FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Artistic monkeys

サイトがリニューアルしましたね。

まぁでも、ひがちゃんが何やら裏でコソコソしていたのはウスウス感づいてはいたんですけどね。
MEMBERのSPECIAL THANKSやら曲の解説なんかも増えてボリュームアップしましたね。携帯でみてる方は歌詞を読む時、さらに下の方までスクロールしてみて下さい。メンバーによる曲解説が見れます。でも、できるだけパソコンで見ることをお勧めします。

最近、LOCKSMITHはレコーディングを主な活動としています。後期のビートルズみたいな感じですね。作業は順調に進んでます。あとはこれからどのような形で発表していくかが問題ですね。
俺は当初、11曲入りのフルアルバムを思い描いていたんですが、先走ってシングルにしちゃってもいいかなぁ、なんて…。いや、4~6曲入りのミニアルバムもよいな~なんて思ったり…。先日、ひがちゃんから、フーバーオーバーのCDをたらふく借りたんですが、なぜか彼らはミニアルバムを多く出しているんですね。そんで、1枚につき5曲程と、多すぎず、少なすぎずのミニアルバムの曲数も良い塩梅に聴きやすいなぁ~と感じました。どうしょう。
逆にもっと曲数を増やして、20曲くらいの2枚組とか?まぁ、でもそういうのって結構飽きてきちゃうんですよね。なにか飽きさせない一工夫、二工夫が必要ですね。例えば、中村一義の”ERA”収録の『21秒間の沈黙』とかCOILの”ORANGE&BLUE”収録の『COILの「暴動」』とかみたいな。ちなみにこの2曲はただ無音が収録されているだけのだ!!こんなのいいんですかねぇ、いろいろ疑問です。著作権とかどうなってるんでしょう?カラオケとかあるんですかねぇ??これと同じことしてるアーティストって他にいるんですかねぇ???

でも、そういう遊びがあるのって俺は結構好きなんですよね。音楽ってのは歌や楽器の演奏ばかりを言うじゃないと思います。街の喧騒を収録したCDがあっても面白いじゃないですか、波の音もいいかもしれないですね~。そればっかり収録したものになっちゃうとタモリ倶楽部で紹介されるようなCDになっちゃいますね。それはやめときましょう…。


話は変わりまして。昨日、武蔵野美術大学の文化祭に潜入してきました。
ひがちゃんが偶然発見したという相対性理論という、なんだか怪しげなバンドが目的でした。
ちなみにこれが公式サイトです↓

http://mirairecords.com/stsr/

まぁ覗いてみたらわかります…。

文化祭自体は、もう~さすが美術大学です。クオリティがめちゃめちゃ高い!屋台とかの作りが学生の仕業とは思えない出来栄えでした。一番驚いたのが、酒が飲めるエリアがあったってことです。そこにはDJブース付きの簡単なステージやら、飲み屋やらキャバクラやらゲイバーやらが軒を連ねていました。ゲイバーには「どんだけ~?」で有名なあの人がいました。偽者ですけど。
ステージでは、もはや下着だろ!ってくらいの露出度の高い衣装でレゲイダンスを披露している姉ちゃん達もいました。最終的にそのステージでは泥酔した一人のオヤジが脱がされていました…。いったい誰だったんでしょう?
まぁ、とにかく。そこには人をそれほどまでに酔わせてしまう”魔性”とも言える熱気が渦巻いていました。その甘美な空気の中ではぬるいビールでさえも、何故かやけにうまく感じてしまいました。


そして、この写真は一緒に行けなかったサポートドラマー大橋哲也くんへ。
ムサビで君の店を発見したよ。
携帯写メ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LOCKSMITH

Author:LOCKSMITH
HPに戻る↓
http://locksmiths.web.fc2.com/
バンドマンからコンポーザーに肩書きが変わりました。コンポーザーって何かというと、つまり音楽作る人です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。